忍者ブログ
2006年3月から2010年2月まで「法学部大学生の挑戦状」として運営してきましたが、大学卒業の為2010年3月より新タイトルで再出発しました!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

連日報道のバカッターたち。

バカッターとは、馬鹿なツイッター投稿者のことを言う。

コンビニやスーパーで、アイスクリームのケースの中に入り、その写真をツイッターに投稿する。

アルバイト店員が食材の上に乗り、その写真をツイッターに投稿する。

お好み焼き屋でソースを口部分を鼻の中に入れ、その写真をツイッターに投稿する。

回転寿司屋でしょうゆの口部分を口に入れ、その写真をツイッターに投稿する。

地下鉄の線路内に入り、その写真をツイッターに投稿する。

パトカーの屋根に乗り、その写真をツイッターに投稿する。(器物損壊罪で逮捕済)

強盗発生時、店内に居合わせた客が、その写真をツイッターに投稿する。(けが人無く、強盗犯人は現行犯逮捕済)


 最近、ツイッター上にはこのような投稿が相次ぎ、その度報道され、店はアルバイトを解雇したり、損害賠償請求を検討したり、馬鹿が投稿している学校は、ホームページに謝罪文を掲載する。

 本当に救いようの無い馬鹿だ。親の顔が見てみたいとも思わない。どのような育て方、どのような育ち方をすれば、そのような馬鹿が完成するのだろうか。

 どれだけ他人に迷惑を掛け、どれだけの人に自分のあほ面を公開し、馬鹿街道を突き進むのか、さっぱりわからん。ふつうの考え方、それを常識と言うが、それがわからないかなぁ。

 やっていいこと、やってわるいこと、おそわらなかったかなぁ、とか思うが、そもそも教えられなくてもわかるだろう。

 だって皆さん、「アイスクリームのケースの中に入ったらだめですよ」って、先生とか親にいちいち言われましたか?飯を食いに行って、「ソースの口を鼻の中に入れてはいけません」って教えられましたか?私は言われた記憶はありません。

 文明の進化した、経済大国と言われる日本国の日本人かどうかである前に、動物界で一番大きい脳みそを持った人間であるかどうかを疑うレベルだ。

 考えられないし、信じられないし、今は迷惑の度合いを金額で解決する時代だから、親が金を出すんでしょうけど、この先もろくでもない馬鹿として生きていくんだろうな。

 想像の域を超えた馬鹿を、このまま野放しにしていいのだろうか。こんな想像力も無い馬鹿、金に困れば殺人もしでかねない。だって本人たちは、自分が悪いことをしたと、全然思っていないのだから。

 そして、ネットで特定され、馬鹿が通う学校はサイトで謝罪文を掲載するが、そもそも学校が謝ることじゃないから。学校がやることは、退学させるか、更生させるか、どっちかでしょう。更生といっても、本人にその気が無いのであれば、自主退学ではなく、遠慮なく退学処分で良い。

 学校が謝ると言うことは、学校にも「責任」があると認めたことになる。つまり、その後、店側が警察に被害届を提出したり、民事訴訟を起こした場合、学校も賠償金を払っても良いということになる。実際にこのようにはならないとは思うが、店が学校も相手取った場合には、後には引けない。だって自分で「責任」を認めて「謝罪」しちゃっているんだから。

 子どもがそうなら、大人もそう。その後に待ち構える出来事を分析し、想像力を持って行動すべき。

それにしても、一番重いのは線路内立ち入りだろうね。列車の往来を妨害する罪。建造物侵入。鉄道営業法違反。
往来危険罪
鉄道若しくはその標識を破壊し、又はその他の方法により、汽車又は電車の往来の危険を生じさせる行為並びに船舶の運航に関わる設備を破壊し、又はその他の方法により、艦船の往来の危険を生じさせる行為を内容とする(125条)。法定刑は2年以上の有期懲役。

どうせなら、ツイッターに「テロ発生なう」とか書いておけば、もっと重くなっただろうに、残念だ。鉄道会社は被害届を出すべき。そして裁判所は極刑に処すべき。じゃないと、模倣犯が出続ける。

日本崩壊のシナリオは裁判官が握っている。
PR

ほしのあき、今度は夏川純のブログに登場 ママ友ブログに露出急増中

デイリースポーツ 8月19日(月)

ママ友のブログでの露出が増えてきたほしのあき

 昨年末に発覚したペニーオークション騒動で芸能活動を休止しているタレント・ほしのあき(36)が18日、ママ友であるタレント・夏川純(32)のブログに“登場”した。9月に出産を控えた夏川、同じく来年1月に出産を予定しているスザンヌ、グラドル仲間の山本梓と「女子会ランチ」をした模様が夏川のブログで写真つきでリポートされている。

 昨年4月に第1子となる長女を出産し、先輩ママであるほしのは、愛娘を連れての参加。ポニーテールにノースリーブのベージュ系ボーダーのカットソー、黒いミニスカートという若々しい服装で、腕も脚もほっそり。スレンダーボディーは健在だ。

 夏川は「今日は、すーちゃん&あきちゃん&あきちゃんのベビちゃん&あずあずで女子会をしました!!!仲良しの皆でゆっくりと色々とお話が出来て本当に楽しかったよ~♪」と楽しげに報告した。

 ほしのと山本は、出産を控えた夏川とスザンヌのために「安産祈願」と書かれた妊娠祝いのケーキをプレゼント。夏川は、「出産前に、皆と会えて沢山パワーをもらいました♪」と喜んだ。

 この日のランチ会は、スザンヌの自宅で行われたようで、スザンヌもブログで「お家に遊びに来てくれました~♪」と報告。ほしのの長女を含めた5ショットの写真をアップしている。

 ほしのは今月に入り、ママ友であるタレント・SHEILAのブログに2回(6日と11日)登場。夏川、スザンヌのブログも含めると、少なくとも1週間に1回のペースで頻繁にママ友のブログに登場するなど、“露出”が増えている。今年1月8日が最後となっているほしの自身の公式ブログの“解禁”が近づいているのか、注目されている。

 単に同業者同士の個人的な交友関係でわいわいやっているのなら何とも思わないが、本人が芸能活動を休止しているんだから、個人的な行為でもブログ等に話題を出すべきではない。

 仮に本人が反省の意味を込めて芸能活動を休止しているのなら、本人が反省しているように見えないし、ほとぼり冷めてきたからと、同業者の力を借りてちらちら姿を見せようとしているのか、はっきりしない。

 そもそも、本人がちゃんとした謝罪の場を設けていないし、完全に舐めてるな。

 個人的な意見としては、謝らなくて良いからもう芸能活動を辞めておとなしくしてろ。ということだ。

 己の知名度による影響力を悪用して、嘘をついて金を貰った。その責任は極めて大きい。 虎視眈々と芸能活動を目論んでいるのなら、事務所はもちろん、起用するマスコミ各社、CMならその企業の広報にでも苦情を入れることになるな。

BPOが「配慮を欠く」としたフジテレビ「加害生徒の実名」流出 背景は現場の「超多忙」と「人権軽視」 

水島宏明 | 法政大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター
2013年8月10日 12時30分

大津市の中学生いじめ自殺事件で「加害者」とされた生徒の実名がフジテレビのニュース番組からネット上に流出した問題で、BPO『放送倫理・番組向上機構』の「放送と人権等権利に関する委員会」は、「人権への適切な配慮を欠き、放送倫理上問題がある」とする見解を8月9日に発表した。

テレビの放送では、本人が承諾しない限り、個人の名前や顔などのプライバシーは守られる。例外的に承諾なしに名前や顔を報道して良いのは犯罪にかかわった「容疑者」「被告人」のケースと国会議員など「公人」にあたるケースだけで、それも成人のみだ。未成年の場合は、たとえ犯罪の加害者であっても氏名や顔をそのまま放送することは許されない。

大津市の中学生いじめ自殺事件は、2011年10月、市立中学2年生の男子生徒が自殺した出来事で、事件後に学校が実施した全校生徒のアンケート結果などから以下の事実がこれまで報道されている。自殺した男子生徒は、数人の加害生徒から、殴られていた、蜂の死骸を食べさせられていた、粘着テープで口をふさがれていた、カネを脅し取られていたなど、陰惨ないじめにさらされていた、とされる。「自殺の練習」や「葬式ごっこ」の実態、日常的に「死ね」と言われていたらしいことも分かってきた。

昨年7月5日、6日とフジテレビの『スーパーニュース』は、事件の続報を放送した。その際、自殺した生徒の両親が加害生徒側に対して起こした損害賠償訴訟の「原告側準備書面」の映像が放映された。原告側弁護団が全校生徒アンケートを元にまとめた文書で、放映映像の大半では、生徒名が映っている部分がモザイク処理で隠されるか、あるいは黒塗りでマスキング処理されていた。しかし一部の放送で、こうした処理が行われていないままの映像が流れた。

生徒の回答部分で「トイレに●●がつれていかれた」「●●が●●と●●になぐられた」「●●と●●にぼこぼこ」など実名がそのまま放映された(●●の部分が生徒の実名)。わずが1秒、2秒のことだったが、この放送を録画していた第三者がこの静止画像をネットに流出させた。ネット上で加害生徒への誹謗中傷が加速し、殺人をほのめかす脅迫まで届く事態になった。
上の文章に対する意見。
>テレビの放送では、本人が承諾しない限り、個人の名前や顔などのプライバシーは守られる。

>例外的に承諾なしに名前や顔を報道して良いのは犯罪にかかわった「容疑者」「被告人」のケースと国会議員など「公人」にあたるケースだけで、それも成人のみだ。

>未成年の場合は、たとえ犯罪の加害者であっても氏名や顔をそのまま放送することは許されない。

ということは、例外に当てはまらない、殺された被害者について実名報道されているが、誰の承諾を得ているのか?

被害者の家族が晒せとでも言うのだろうか。仮に言ったとしても、それは本人ではないのに、どういうことか?

さらに未成年の場合、「そのまま放送」はなぜ許されないのか?

毎度思うが、人の命を奪う、つまり人権を侵害した奴に、人権なんて与える必要はない。

人殺しは死刑。当然だ。全財産を被害者遺族に提供し、いのちを持って償う。

最近の少年は、ちょっとしたことでゲーム感覚で簡単に人を殺すからな(大人もだけど)。こんなのに更生の余地はないだろ。鑑別、年少、刑務所と渡り歩き、気がついたら生活保護を受けてぬくぬくと生活してました。なんて奴が何人いるんだよ。

加害者なんて全部晒されて、社会制裁を受ければいいんだよ。それが嫌なら、てめーが殺めた被害者と同じように、同じ道を辿れ。


今回のフジテレビの放送倫理問題はグッジョブだったな。


■Twitter参加中!フォローお願いします!■
先日、実家の片づけをしていたら、過去の色々な思い出を発掘しました。

それが、高校のときの修学旅行のしおり!

当時は京都・大阪という、中学生で行くような場所でしたが、初めていく場所だったので良かった。

そしてしおりと一緒に出てきたのが、未開封のおみやげたち。。。

で、そのすべてがよしもと関連だった。。。 この際なので開けて広げました。


フェイスタオル、ちょうちん、おかきの入っていたすごろくができる缶。

タオルは良いとして、ちょうちんって何の用途があるんだかいまだにわかんねぇwww

そして「おかきの入っていたすごろくができる缶」って書いてもピンとこないけど、一つ言えることはすでに中のおかきを食べていて、いつか使う日があるだろうという、僅かな希望的観測をして、そのまま眠りに付かせたと言う事実で、既に開封済みだったということ。

新喜劇の舞台を一度生で見てみたいw
世界に広がる嫌韓【YouTube動画】

今回は、上の動画を見て思ったことを書きます。

イタリアでのサッカーの試合で、PSYを呼んだそうですが、そのときの動画です。

詳細は動画のページを見てもらうとして、芸能面でも容赦ないイタリア国民は大したものです。

たしかオリンピックかなんかの時、イタリアと韓国の食文化の違いで喧嘩してましたな。

それに対して、日本国の公共放送局と謳うNHKは、年末の紅白歌合戦で韓国の歌手を出演させていた。

日本国の領土である竹島が実効支配され続けている今、政治と芸能は別物だとして、その実効支配している国の歌手を公共放送局が番組に出演させることを、イタリア人は不思議に思うでしょう。

一般人がどこの国の歌手の歌を聴こうが、旅行をしようが、それは個人の自由であるため、とやかく言う資格は一切ありませんが、それとNHKのやっていることを一緒にしてはいけません。彼らは「公共放送」なのだから。

そりゃ、番組に呼んで、竹島を返してもらえるんなら話は別ですが、そうでもなけりゃ何のメリットがあるのか。

別に視聴率なんて関係ないだろ。だったら万人受けするように番組を作れ。
日本人なら、もう少しやり方考えれば?

在特会VS自民党【Youtube】

まぁ、外国人参政権の問題とかいろいろあるし、半島も大陸も嫌いだから、一概に…というわけではないが、日本国を憂うというよりかは、やっぱり差別的な要素が強いと思う。

毎度同じく、8月15日に待ち伏せ喧嘩祭りだろ。。。
先週に引き続き今日も花火大会!

地元に帰省中なう。

では
隅田川の花火大会は史上初の中止だったそうで。

俺が行ったところも中止だった。。。

降水確率発表されてんだから、早く中止にしとけよ。

まぁ、結果論だけどwww
ここ最近、全国各地で開催されるようになった花火大会。

みなさんは行っていますか?

昔はレジャーシートを持って友達と行ったものですwww

っということで、最高の思い出というものは特にありません。。。

明日はテレビ中継もされている隅田川の花火大会!俺は別の場所に行きますが・・・(爆

そして来週は今住んでいる近くでありますが、地元へ帰って、地元のほうで参戦します。

まぁ、色々気をつけましょう。。。
全国で1300万人くらいいたそうで、私も期日前投票に行ってきました。

NHKも使っている「ねじれ国会」という言葉。

俺はこの言葉が好きではない。

なぜなら、そもそも国会と言うものは、参議院が衆議院の暴走を止めるという役割も担っていることから、ねじれている現象が、想定された通常の形だからである。もはやそれが理想の形と言ってもおかしくない。

だからねじれていることは、議員の奴らに議論と言う仕事をさせるためにいいことなのだ。

衆参の第一党が同じであることが悪いというわけではない。

議員連中が国民の為にいい仕事をしてくれりゃ、ねじれていようがいまいが関係ないのだから。


ワタミが当選し、
中核派(山本)が当選し、
スポーツ平和党が当選し、

大事な議席を取得し、税金をたんまり使って、何をしようとしているんでしょうか。

ワタミ・・・金の次は権力。勘違いも大概にしろ。ただの自己満足立候補&当選

中核派(太郎)・・・組織に蝕まれ、公人として思うような行動もできなくなり、埋もれていく。ある意味一番フリーな芸能人の立場で、いろいろできなくなったんだから、一国の国会議員の立場になったら、もっと行動は制限されるだろう。公然活動家か。

アントニオ・・・また復活ですか。維新もなに考えてるんだか。

こうして税金と議席が消えていくのです。まぁ選挙だからしょうがないけど。

選挙権を放棄した人に一言。
毎度言うが、棄権という意思表明なんて存在しない。いい奴がいなけりゃ自分の名前でも書くべき。増税されようが国が傾こうが、投票しない人に文句を言う資格は一切無いのだから。

投票は権利でもあるが、義務でもある。
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ニュース&天気予報



プロフィール
HN:
ミズサワ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
・高校は工業科、大学は法学部でした。
管理統計情報
最新CM
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]